ブログ運営 記事の増やし方、速く書くコツについて考えてみた

こんにちは。管理人のPONです。

ブログ運営をしていて集客や収益を考えすぎて、記事を増やせない方に伝えたい。

というか、記事の更新を怠っている自分に喝を入れるためにも残しておこうと思います。

記事を増やすためには、まずは書くことです。

皆さん忙しい毎日で、全然ブログを書く時間がとれないとか、家族との時間も重要だしとか、仕事がとか、趣味の時間もなんて色々ありますよね。

そもそも記事への文字投入という1点に絞った場合は、どれくらいの時間がかかるのでしょうか。

記事の内容を考えるとか、画像を貼ったりとか、アフィリエイトリンク貼ったりとか、あれこれは除いて純粋な記事への文字の投入時間にです。

個人的にブログ記事への記載時間は30分くらいにしたいと思っています。

では、文字記載だけを30分で出来るかを真剣に考えます。

自分のタイピングスピードを考えますが、分速150文字くらいは、打ち込めるんじゃないかと思います。

測ったことないですが、一般的なオフィスワークに必要なタイピングスピードは分速100~200文字らしいので、150文字は固いかなと。

ということは、一心不乱に文字だけ打ち続ければ私は15分もあれば1500文字の記事を完成させることができます。

では15分を確保する方法としては、まず、友達や家族から話しかけられたり等の邪魔が入らない状態であれば、時間をフルで使うことができます。

この時間をフルで使うというのが、重要です。

時間なんてあっという間に過ぎてしまいます。

次にブログ記事を書いている途中で考え始める、文法表現を気にするというのも、時間を取られます。

あまり考えず、とにかく打ち込むことを考えます。

所詮、インターネット上にポツンとある、クソみたいな記事です。

内容の完全性や文法の正確性なんて、絶対条件ではありません。

タイピングが止まると、時間はすぐに過ぎ去ってしまいます。

ではタイピングを阻害する要因は、他に無いか考えます。

記事に書く際の口調も重要です。

そもそも私という人格をインターネット上だから真面目にとか砕けてみたりと、無理した人格は、阻害要因にしかなりません。

素の自分の口調で記事を書くことで、考えをそのまま書くことができます。

難しい言葉やカッコいい言い回し、分かりやすい表現を意識するというのは、ある程度、PV数や収益の最大化を考えなきゃいけない時に考えることです。

なので、自然体で無理なく自分の言葉で記事を書くことで短時間で記事を書くことができます。

ここまでのことで、記事の文字を打ち込むことについてのハードルはだいぶ下げることができました。

15分あれば、それなりの文字数を打てることがわかりました。

では、記事の内容についてです。

これは、日々の生活で役に立つ情報であれば何でもいいと思います。

自分が知らなかったこと、自分が調べて自分なりに理解したことをまとめれば、同じような人を救うことができます。

自分が解決するのに30分かかった問題等を5分で解決するように、自分が検索するのに5サイトくらいハシゴした調べものを1サイトで済むようにする。

そういった意識で書けば、ブログの題材は無限に広がっています。

これで、記事を書くスピード、記事の内容について課題は無くなりました。

記事を書く内容は、呼吸をするように自然と日常生活を送っていると湧いてきます。

なので、あり過ぎてどれを書こうか迷ってしまうと思います。

そんな時は、まずタイトルを打ち込みましょう。

頭で考えてばかりで行動しないと、結局何もしなくなってしまいます。

まず、動くことが重要です。

そしてブログを書くモチベーションですが、やはりサイトへの訪問数が少ないとサボりやすいです。

サイトに来てくれる人を増やすためにはひとつしかありません。

とにかく、記事数が少ない状態では話になりません。

100記事の投入、しかもある程度ジャンルが固まっている状態でのことなので、雑記ブログだと500記事くらいはないと戦えないんじゃないかなと思います。

ちなみに私の現段階での記事数は70くらいです。

ある程度毎日アクセスがある記事は10記事もありません。

つまり打率でいうとアクセス見込める記事は1割程度です。

つまり、10記事書かないとそれなりのヒットを打てる記事が書けないということです。

サイトのドメインパワーも関係あるので、今のドメインパワーだと打率は1割です。

何年掛かってもアクセスや収益を見込めるブログになりません。

なので、ドメインパワーをあげるためにも記事数や書いた記事を多くの人に長い時間見てもらうことが必要になります。

結論としては記事を書くには、完璧を求めず、まずはタイピングすることを意識する。

記事内容は、タイトルが思い浮かんだものを打ち込み、さっさと記事にしてしまう。

時間はダラダラとかけずに、それなりの記事なら公開して、アクセスが集まった記事をあとから直すのがいいです。

記事数が無いと、アクセスも見込めないこと、アクセスが集まる記事は公開してみないとわからないからです。

アクセスが集まるとブログ記事を書くモチベーションもあがるので、記事を書く頻度を維持することができ、またアクセス数があがるという相乗効果があります。

何でもそうですが、完璧を求めるから時間がかかるというのは、覚えておきましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

激安マッサージで、頭がリフレッシュ!?

3分でわかる。決断力の無い人がフェイクニュースに踊らされる訳。

【混ぜるな危険】お酒とコーヒーは危険な組み合わせ?【気持ち悪い】

3分でわかる。 ダヴ ビューティクリームバーのオススメ理由。

マンションのベランダが驚きの快適スペースに!?人工芝って最高!!

セキュリティソフトBest3比較。最安購入方法はベクターPCショップ