菊池涼介から学ぶ。理想を高めすぎない考え方。

「やってはいけないことから潰すようになった。」by菊池涼介

日本人で1番守備がうまい男。そんな器用な男はバントの数も多い。

セ・リーグでは5年連続の犠打数を記録。

3割打てば讃えられる打撃と違い、守備もバントも成功して讃えられるより失敗しての批判が多い。

失敗出来ないというプレッシャーの中、成果を残し続けることが出来ているのは、理想を追い求めすぎないことである。

打撃でも守備でも自分自身を追い込まないようにしているのが、プレッシャーに打ち勝つ秘訣である。

若い頃は理想のバントである、しっかり球の勢いを殺して、守備がいないところに転がす教科書通りを目指していた。

そんな理想のバントをしようと思う、絶対にバントを決めようと思うと力んでしまう。そして無駄な力みは失敗へと繋がる。

だが今は「100パーセント成功は無理。アウトになったら仕方ない」と割り切って考えている。

走者の足が早ければ、守備が下手な選手であれば、ただ転がせばいいと割り切る。

絶対にしてはいけないのは、走者の無駄死にやダブルプレーである。

つまり空振りや小フライがNGである。

やってはいけないことだけ考えることで、考えをシンプルにすることができる。

当てる、転がす。それでダメなら諦める。

人は自分がどうしたいのかという理想を求めてしまう。その結果ハードルが高く自分を追い詰めてしまう。

失敗をしないためには、理想の姿ではなく最低限を考え行動のハードルを低くすることである。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

松井秀喜から学ぶ。人生を強く生きるための秘訣。

柳田悠岐に学ぶ。最良への道は自分の気持ちに素直になること。

津森宥紀から学ぶ。トラブル対応ですべきこと。

野茂英雄から学ぶ。自分自身で納得し行動する大事さ。

森下暢仁から学ぶ。人を使うということの重要性。

石橋貴明から学ぶ。成功に必要なもの。