紙書籍は2度と買わない。電子書籍に完全移行します。

自分の部屋を片付けるために、実家にあった本を某ブックオフに売ってきました。

その金額なんと「980円」

「やっす。。。」

面倒なんで売ってきましたけど。。。

マンガなんてカペタの全巻だったのに。。。

他にも小説だったり。。。
海外ドラマの小説だったり。。。

大学の時の参考書とか。。。

趣味の雑誌とか。。。
こんだけ売ったのに「980円」。。。
たぶんネットオークションで売れば4,000円〜5,000円くらいにはなったんじゃないかと。。。
しかし、めんどくさがり屋で結論を早く出してしまいたい。お金より時間優先でいきているので、ネットオークションとかでクレームとか面倒なので毎回、リサイクルショップに売ってしまうわけです。
そして、今回の低価格の買い取りで、世の中の紙の本の需要が落ちてきている、そしてリサイクルショップも買値もすごく安くなっていると如実に実感しました。
一昔前ならもっと高く買い取ってくれていて、リサイクルショップのような実店舗型の買い取りでも、ネットより多少安いかな程度に感じていましたが、さすがに今回は予想と現実に差がありすぎました。
もう、紙の本を新品で買ってすぐに売ってもあまり値段がつかないんでしょうねー
であれば、電子書籍にしてしまえば購入時に20%オフだったり、時折行われる100円セールなりで買ったほうがとても節約になると思いました。
もう、参考書的な勉強に使う本以外や子供の絵本以外では、紙の本を買わないことにします。
金額的に電子書籍のほうがトータル金額的にも安い、場所を取らないとメリットがいっぱいです。
ただし、視力が悪くなるという1点だけ紙の本より劣ります。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

三輪車の盗難防止に最適!!ワイヤーロックって便利すぎる。

3分でわかる。片付け下手からの卒業。

典型的日本人の好きな物はレール、ルールの2つである。。

我が子の脳性麻痺のメインじゃない症状についてまとめてみた。

夕食の献立を考えるのが一番面倒な家事である。

NO IMAGE

政府関係者の利権と大企業のコネを批判するのは意味がわからない。