夏のハエや蚊対策を本気で考えた。電撃殺虫器が最強な理由。

日本全国気温があがり、夏の到来を予感させますね。

ここ数年は日本のどこかで「記録的暑さ」となり異常気象だと報道されます。
今年は北海道で40度近くを記録していました。

そんな「アチアチ」な異常気象な日本列島です。

暑くなるとしなくてはならいことは、エアコンの動作確認、網戸のチェックではないでしょうか。

つい先日私が夏の準備の風物詩、網戸チェックをしていた時にある恐怖が我が家を襲いました。。。

小さなハエが家の中に入ってしまったのです。

ママの悲鳴がうざい。マジでウザイ。

なぜ人間の女という生き物は虫ごときであんなに騒ぐのだろう。。。

ですが、嫌いなものは嫌いなので、原因を探って虫を好きにすることは無理ですし、我慢しろと言ったところで我慢できる話でもないです。

虫に親でも殺されたのだろうと思い、
諦めて我が家の平穏のために夏のハエや蚊の対策を本気で考えてみました。

虫対策は2つだけ

虫が家に入ってくる時の対策は2つしかありません。

1.虫をいれない
2.虫が入ってきた時に対処

虫を入れないは正直難しいです。

なぜなら、
玄関のドアを開けずに出入りすることは不可能。

窓をあけずにベランダに洗濯物を干すのは不可能。

たまには窓を開けて空気の入れ替えをしたい。

いかにママが「玄関や窓を開けるの禁止」と言っても、日本人には「すべて国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」と憲法により定められています。

なので私は憲法に従いわ外出もしますし、窓だって開けて空気の入れ替えをする権利があるのです。

一方、「虫に入ってくるんじゃねぇ」と叫んだり、注意書きをしたところで勝手に入ってきます。

彼らにも自由に飛ぶ権利はあるので仕方ありません。

そんな自由に飛んでくる虫対策ですが、網戸に有名な虫コナーズ等のスプレーは気休め程度にしか効きません。

しないよりは確かに減っている気もしますが、完璧に侵入を阻止することはできません。

超音波害虫駆除機も科学的に証明されているわけではありません。

もし効果が絶大であれば、もっと普及している訳ですし。

また、動物は環境になれるやつが出てくるので結局無用な産物になるかなと。

ということは虫が入ってきた時に対処するしかありません。

物理的攻撃が最強

私が行き着いたのは、「電撃殺虫器」です。

コンビニで見る青白い光を放ち虫を集めて、電撃でバチバチと虫をやっつける機器です。

コンビニで効果をまざまざ見せつけれている「電撃殺虫器」の家庭版があるのです。

買う前は虫が入ってくるとママが騒ぎ、パパが新聞紙やハエたたきを振り回し虫をやっつけるまで、戦い続けなくてはなりませんでした。

メリット:
虫が家に入ってくると、リビングにある「電撃殺虫器」に勝手に虫がつっこみお亡くなりになります。
最大にして最強のメリットですね。

デメリット:
青い光を放ち続けるので、夜は真っ暗じゃないと寝られないという方は気になります。
我が家はリビングにおいているので、全く関係ないです。

他の人のレビュー

効果は抜群という声しかありません。

・蚊取り線香の代わりに最高。
・少し置いていただけなのに、たくさん虫が取れていた。
・持ち運びタイプもあるので、キャンプで重宝する。

アマゾンや楽天での悪い評価は製品の機能ではなく、ショップの悪口や初期不良に対するものだけです。

機能に対するものは、ほぼ皆無です。

みんなが認める性能。

コンビニでみなさんも見たことがあると思いますので、効果は実際目にされたことがあると思います。

購入前の調査結果

類似品関連

超音波虫除け器にするか、電撃殺虫器にするかとても悩みました。

超音波虫除け器は、色々サイトを巡っていると、景品表示法違反で販売停止になるっているものもあったり、効果が怪しいものが多く、気休めにしかならなそうという判断に至りました。

冒頭でも書きましたが、もし超音波虫除け器の効果が絶大ならもっと普及していると思います。
そして害虫駆除業者は廃業していると思うのです。

不安だったこと

子供が指を突っ込んで「バチッと」ならないか心配でした。

実際に買ってみて隙間を測ったところ「7mm程度」で大丈夫でした。

設置自体は子供が手を触れられないように、棚の上に置いています。

あとベランダで利用する時は洗濯棒の端っこに吊り下げて手の届かないところに吊るしています。

■室内用

■屋外用

購入の決め手:

「安全」「効果抜群」「安い」の三拍子揃っているところです。

スプレーや薬品を使っている訳ではないです。
空気中に体に悪い化学物質をばら撒くわけではなく人体に悪影響なことは一切ありません。

効果はバツグンで、コンビニに設置されている電撃殺虫器でも多く使われていてることからも信頼感ばつぐんです。

そして、これだけ効果があるのに2000円程度です。

夏が到来する前に購入を

まだ蚊が発生していませんが、夏になると蚊が発生してきます。

我が家には小さい2歳の子供がいるので、蚊に刺されて病気や発熱となると厄介です。

私自身も子供の頃にお腹を出して寝ていた時に蚊に刺されて、膿が溜まり拳大まで腫れて酷い目にあったことがあります。

そんな苦しみにはあって欲しくないので、子供のためにも蚊に刺されない環境を作ってあげましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブログ運営 記事の増やし方、速く書くコツについて考えてみた

臭すぎる足対策。比較してたどり着いた製品は!?

【1歳1ヶ月】自力うんちまでの長い道のり【赤ちゃん】

【肉体も精神も疲れた】寝ても疲れが取れないので、”良い睡眠って何”をまとめした。

【格安SIM】docomo+NifMoでの運用が最強だった【DSDS端末】

ブログ1年半の成果に絶望。再出発のために要件定義してみた。