ブルーレイレコーダーの不調はリセットボタンで治る

ブルーレイレコーダーで録画番組がちゃんと見れないショックというのは大きいですね。

見逃したり、録画忘れたりで利用する民間公式テレビポータルの「TVer」でも全番組が見れる訳でも無いですし、AbemaTVで代用出来るものでもありません。

お金を払えば各テレビ局の見逃しサイトで見れるのでしょうが、お金を払ってまでは…という気持ちになります。

不具合現象

我が家で発生した録画出来てない現象は、ブルーレイレコーダーで録画した番組の音飛びが酷かったという不具合です。

SONY ブルーレイディスクレコーダー BDZ-EW500

切り分け

さっそく障害の切り分けです。

テレビを見ているだけでは起こらない。

なので

ブルーレイレコーダーが悪い。

ケーブルが悪い。

ケーブル関連の接触が悪い。

天候が悪く電波拾えなかった。

の4択かなと。

そもそも録画した番組全てがおかしいかチェックしてみる。

全部音飛びしてます。

見るに耐えられません。好きな番組を見ているのにイライラします。

録画番組全部なので、天候という外部要因では無いみたい。

ブルーレイレコーダーのチューナーを使って番組を見てみる。
※入力1とかでテレビ見るってことです。

音が盛大に飛んでます。

障害の切り分けは物理からが基本です。
ということで、壁コンアンテナを抜き差しします。変わらずです。

ケーブルの確認のため、普段はブルーレイレコーダー経由のアンテナをテレビに直付けに変更。

映る。めっちゃ綺麗に映るし音もしっかりしている。

てことはケーブルも大丈夫。

ブルーレイレコーダー本体が壊れたかなー

諦めきれずアンテナケーブルを抜き差し、付ける位置を変えて刺し直したりしてもダメ。

ボーナス出るし買おうかなーと思ったところで、ブルーレイレコーダーにリセットボタンがあるの発見。

リセットすると録画番組消えて、チューナーの地域設定とか録画設定とか消えるかもと思いました。

それはそれで面倒だなとグダグダ悩んでいると、ふと思いつきました。

スマホのsony video & TV side viewで見てみる。

ブルーレイ本体がおかしいなら、ブルーレイレコーダーのスマホアプリ経由で見れないはず。

ちゃんと映る。

なんなら録画番組も見れる。

ということで

レコーダー本体から見る時だけ音飛び現象がでるということが確定しました。

てことは本体のソフトか何かが変になっている。

リセットしたら直る確率が大です。

録画番組は見れる感じじゃないので、消えてもいいやとリセットボタンをポチッと。

1~2分で電源オフから電源スタンバイにステータスが変わり、いざ電源オンにしてレコーダーのテレビ見てみる。

直ってる!!

スゲー。

そして嬉しい誤算が録画番組も残っていた。

録画番組を見るとさっきまで音飛びしていた番組がちゃんと見れる。

まとめ

ブルーレイレコーダーの不具合時にリセットボタンは効果抜群です。

録画番組が増えるとディスクが容量パンパンになって、データがバラついたりするんですかねー

自己責任ですが、レコーダーの不具合が酷い時はリセットボタンがオススメです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドラレコのアイドリングストップで同時ストップ問題解決方法。

ビジネスでBluetooth片耳インカムが必需品な理由。

マウスで手首が赤くなるならトラックボール。【比較】

睡眠アプリとスマートウォッチの最強組み合わせは?

格安スマートウォッチ コスパ最強はXiaomi mi4 band!!

24時間連続利用Bluetoothイヤホンが素敵すぎる。