柳田悠岐に学ぶ。最良への道は自分の気持ちに素直になること。

「自分の中の気持ちに従って、自分が思ったように、最善の選択をしたいなと思います。」by柳田悠岐

ソフトバンクホークス最強打者。

日本プロ野球でも歴代屈指の好打者。

フルスイングとコンタクト技術が同居するという、類まれなる男。

そう、それが柳田悠岐。

日本プロ野球で最強を極めていると言っても過言ではない男の考え方について触れてみる。

メジャーリーグ挑戦について聞かれた時の返答が「自分の中の気持ちに従って、自分が思ったように、最善の選択をしたいなと思います。」である。

つまり日本プロ野球最強打者は、常に自然体で自分を偽らず真っ直ぐに考え行動している。

自分を偽らない真っ直ぐな気持ちが、技術を伸ばし、打球をどこまでも飛ばしているのであろう。

自分の気持ちに素直になる。簡単なようで難しい。

人は見栄やプライドのために自分を偽ってしまう。

自分を偽ると迷いが生まれる。

自分を偽らず、自分を信じることが最良の結果を掴み取る近道である。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

伊藤美誠から学ぶ。プロセスよりも結果を求めるプロ根性。

工藤公康に学ぶ。組織で大事なのは個人の力。

外崎修汰から学ぶ。やる気スイッチの入れ方。

西川遥輝から学ぶ。成功率が上がるシンプルな行動理論。

村上宗隆に学ぶ。成長の秘訣とは物事を自責で考えることである。

稲垣啓太から学ぶ。強靭なメンタルへの近道は自己肯定感。