ビル・ゲイツから学ぶ。成功との付き合い方。

「成功は最低の教師だ。優秀な人間をたぶらかして、失敗などありえないと思わせてしまう。未来の案内役としても当てにならない。」byビル・ゲイツ

人は自分の成功を過信してしまう。

また、人は成功者の成功話を聞き、参考になると勘違いし、聞いたそのまま真似してしまう。

だが過去の成功や成功話の猿真似ほど当てにならないものは無い。

なぜ成功を引きずったり、成功話を鵜呑みにしてはいけないのか。

それは過去の成功にすがり、今目の前の現実に対して考えることを放棄するからだ。

成功とは宝くじのようなものだと思ったほうが良い。

世の中の事象は、「運、縁、タイミング、実力」この4つのファクターが絡まりあって出来ている。

成功をそのまま真似しても、「運、縁、タイミング、実力」全て違うのだからあまり意味がない。

成功から学ぶ方法はただ1つ「なぜ成功したのか?」という成功した要因を考えることである。

過去の成功はそのまま使いたくなるが、しっかりと「なぜ?」と考えることを放棄してはいけない。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名もなきSEの名言から学ぶ。頑張っているは他人が決めることである。

稲垣啓太から学ぶ。強靭なメンタルへの近道は自己肯定感。

伊藤美誠から学ぶ。プロセスよりも結果を求めるプロ根性。

NO IMAGE

時間の名言から学ぶ。何よりも時間を重要視すべき理由。

西川遥輝から学ぶ。成功率が上がるシンプルな行動理論。

野村克也から学ぶ。努力とは数えきれないぐらいの失敗をすることである。