野茂英雄から学ぶ。自分自身で納得し行動する大事さ。

「花があるうちに辞めるんじゃなくて落ちぶれてボロボロになっても投げ続けようと決めました」by野茂英雄

日本人メジャーリーガーのパイオニア。

トルネード投法という奇抜な投げ方で、日本プロ野球では投手タイトルを総ナメ。

所属チームの近鉄バッファローズと揉め、背水の陣で挑んだメジャーリーグでも活躍。

打者有利のクワーズフィールドで世界でただ1人のノーヒットノーラン達成者。

そんな男を支えた考え方は何なのであろう。

それは、「自分自身で自分に納得できるか」である。

他人の評価は大事だが優先すべきは、自分自身が納得できるか。

トルネード投法という独特すぎる投げ方、日本人で初めてメジャーリーグで活躍できた理由。

それは他人の評価ではなく、自分自身で考え、自分自身を信じ納得できる行動をしたからである。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名もなきSEの名言から学ぶ。頑張っているは他人が決めることである。

NO IMAGE

時間の名言から学ぶ。何よりも時間を重要視すべき理由。

三木肇に学ぶ。駆け引きの重要ポイント。

ダルビッシュ有から学ぶ。納得して行動することの重要性。

山田哲人から学ぶ。センスとは地味な練習で磨かれるもの。

片山右京から学ぶ。思い込みの力で成功を近づける方法。