床屋のシャンプーから学ぶ。困難への理想の対処法

床屋で髪を切り、シャンプーをしてもらう。

とても気持ちがいい。

頭がスッキリ、綺麗さっぱり最高の気分だ。

ふと床屋のシャンプーで気づいたことがある。

床屋のシャンプーは困難への対処法を教えてくれているのだ。

当たり前のことだが、髪を切ると切った髪の毛が頭に大量につく。

髪をすいた場合だと細かい髪の毛が大量発生する。

細かい髪の毛は、普段の生活での困難と同じようなものなのだ。

とにかくウザイ。一度に対象できるようなものではない。

床屋のシャンプーを振り返ってみよう。

まずは大まかにシャンプーでゴシゴシと頭を洗い、大半の髪の毛を洗い流す。

そして、2回目のシャンプーで細かい残った髪の毛を落としきる仕上げをする。

困難への対処とは、1度で全て対処出来るものでは無い。

まずは取り組むこと。できる範囲で大まかにして、とにかくやることを減らす。

そして、残ったものに対して細かく対処していく。

大きな視点で物事に取り組み、次に詳細な細かい視点で取り組む。

まさに困難への理想の対処法である。

床屋すげぇよ。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マツコ・デラックスから学ぶ。便利さの代償は洗脳人間の増殖である。

巨人元木コーチから学ぶ、完璧すぎる中間管理職のお仕事方法。

満員電車から学ぶ。集団の力とは個の力こそが大事である。

中野信子から学ぶ。コスパの考え方。可愛いはコスパ悪いのか?

高校生プロバスケプレイヤー河村勇輝から学ぶ正しい自己理解の仕方

ムネリンこと川崎宗則に学ぶ。弱った自分との向き合い方はSDGsにたどり着く。