【IT業界】※必見!! Sier企業に入って良かったこと【Sier】

こんにちは。管理人のPONです。

本日は私の働いているSier企業で働いているメリットをお伝えしようと思います。

サラリーマンというもので働いていると、色々とあの業界が景気が良くて、給料も多いし羨ましいとか、あの職種は責任が少なくて良いとか、文句を言われなくて良いとか、隣の芝生は青く見えるものです。

業種とか職種によっても違いますが、どの業界、どの業種、どの職種にいようが良いこと、悪いこと、楽なこと、面倒なこと、数えれ得ればキリがないくらいあります。

私の働いているIT業界、ピンポイントに言うとSierと呼ばれる企業に勤めていると、色々な業界・業種・職種の方と付き合う機会があります。

官公庁、建築業界、医療業界、製造業、流通業、金融業、IT企業と業界は色々ありますが、ここまで色々な業界の企業と付き合えるというのは、世の中の会社がITというものを導入し、活用しなくてはならない社会となっていることの証明で、ここまで色々な業界と深く付き合えるのは、IT業界、建築業界、金融業界の3つなのかなーと思います。

当然ながら、付き合う部署は色々あるので、Sier企業であろうと一概に全ての業種とつきあえる訳でもないですし、それこそ建築業界とかはIT業界よりもお客様企業の研究をしていたりする気もしますし。。。

と他の業界に気を遣うのもあれですが、Sier企業という括りでいうとやっぱり関わる人は間違いなく大きい市場です。

それで。。。私の働くSierと呼ばれる業種で働いているうえで良かったことをこと書きたいと思います。

正直、私がITという業界で、ピンポイントでいうとSierという立場、業種で働いているのですが、他の業種・業界というのは羨ましいとは思わず、ITという業界、Sierという業種で働いていることには満足しています。

ちょっと、残業が多いとか、扱っているものが日々進化し続けているので、業界のトレンドについていくのは結構難しくもあり、ツライ一面もありますが、それでもやっぱり楽しいというのが、大きい業界・業種だと思います。

最新の情報をキャッチできる

色々な業界、業種の方と触れ合う機会が多いということもあり、多くの最新情報を得ることができます。

官公庁の補助金についてだったり、〇〇業界(建築業界、金融業界etc…)の動向だったり、今現時点でITが活用されていない業界・業種は無いので、取れない情報は無いと言っても過言ではないと思います。

私が、このIT業界に入った理由も大学生の頃に「株、証券」に力を入れて(本業の学業はそっちのけで。。。)いた頃に、どこに情報が集まるのだろうと思った時に、真っ先に浮かんだのがIT業界、特にどこにでもかかわりを持てるSier企業でした。

少し話はそれてしまいますが、株式相場、証券相場というものの指標のひとつに機械受注高というのがあります。

これは、機械を作っている企業やIT企業等が関係している数値で、どのくらい機械・IT機器に投資しましたかという数値です。

もっとわかりやすく言いう企業がどんだけ機械やIT機器を買っているのと言う数値です。

なので、機械、IT機器を買っている数値を知るためには、機械やIT機器を売っている会社に入らないとわからないので、IT機器を売っているSierに就職した訳です。。。

機械やITというのは、進化し続けていくと、昔の技術は価値が少なく、より高度な技術が価値が高くなっていきますが、ITと言われる技術は次々と新しい価値を生み出す新しい製品や技術が生まれてきます。

色々と調べていると、IT業界でも回線屋、Web屋、インフラ屋とか色々ありますが、Sierと呼ばれる企業は、その新しい価値を扱える業界。業種です。

日本以外では、Sierと言われる業種は少ないので、日本独特であるのですが。。。

話しはだいぶ右往左往しましたが、どんな業種のどんな職種の人ともお話をできるという点で情報がかなり集まるので、Sierという業界・業種は最新情報を集めるうえでは絶好の働き口だと思います。

インセンティブが豪華!!

かなりゲスな話題ですが、Sierという立場ですと各メーカからインセンティブが出ます。

あるサーバメーカはサーバを1台売れば、〇万円とか、あるストレージメーカのものを売れば米国へ無料で旅行に行ける等の結構やる気が出るインセンティブがあります。

インセンティブだけなら不動産業であれば、売上成績によって自分の給料にプラスでインセンティブでお金を貰えるのでもっと魅力的かもしれませんが、IT業界だとサーバを売っただけ、ストレージを売っただけで恩恵を受けられます。

自分の社内の成績が良かろうと悪かろうと社外のメーカに貢献できれば、金銭や待遇で恩恵を受けれるのはSierならではかなと思います。

ITのセミナーの参加特典が豪華!!

ゲスな話題②です。

ITのセミナーって、行くだけで色々な物が貰えます。

高級なお菓子だったり、最新のIT製品(結構前だとiPad、最近だとGooglehome等のAIスピーカー等)のかなり欲しいものをもらえたりしまる。

まぁ業界が儲かっているからなんでしょうけど、色々気前よく貰えます。

まとめ

Sier業界は、色々な情報が集まり、たぶんどの業界よりも情報の鮮度と情報の量はかなり多いです。

官僚等の国家に関わる人とまでは言わないかもしれませんが、一般のサラリーマンで得られる情報という意味では間違いなく一番情報を収集できる業種だと思います

また、2次的なメリットとしては、各メーカのインセンティブやセミナーで色々な金銭的なメリットや製品を貰うことができます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

IT企業サラリーマンが、IT業界を分類してみました。

新卒・新社会人にささぐ。サラリーマンのリアルな生態。

仕事が出来ないと悩んでいる方必見。悩みの原因はたったひとつです!!

Sier企業の職種まとめ。営業って何するの。

働く意味と働く場所

就活、転職活動で使える!!効果的なコミュニケーションは3つの意識で決まる。