思い込みで何でも治る!?プラシーボ効果とは。

こんにちは。管理人のPONです。

今日は思い込みの力はどれだけすごいのかということで

プラシーボ効果について記載したいと思います。

「何か聞いたことある」とか「テレビでよく実験してるじゃん」という声も聞こえますが結構有名な心理効果のひとつです。

プラシーボ効果とは

プラシーボ(Placebo)とは言葉のルーツはラテン語の「I shallplease」(私は喜ばせるでしょう。)に発祥しているそうです。そこから病気の人を喜ばせることを狙った、薬としての効果がない薬のことを指すようになりました。

小麦粉と水で作ったり、色々な手法で作った偽薬が使われるようです。テレビの実験でお菓子のタマゴボーロで試したりもしますよね。あとノンアルコールの飲み物をアルコール入りだと言って飲ませると酔っぱらうとかですね。

なので、プラシーボ効果とは、このような薬としてちゃんと効果がないものによりもたらされる通常、日常で生活しているなかでは起こらない現象や効果のことをいいます。

プラシーボ効果は良い場合(治療効果)、と悪い場合(副作用)の2つの反応があります。

「これは痛みにメチャクチャ効果があるよ。」といわれて、偽薬を飲んで、良い場合だと痛みがなくなったり、逆に悪い場合だと吐き気やもっと具合がわるくなったり副作用がでてしまいます。

プラシーボ効果がなぜ起こるかの理由については、完全には解明されていないようです。

自己暗示で身体中が騙されているというのが、世間一般的な認識です。私もそうだと思っています。

あとは、条件付けも言われたりします。「クスリを飲めば良くなる」「高いものは良いものだ」みたいな固定観念のようなものです。

どんな人がかかりやすいの

完全には解明されていません。もし解明されればノーベル賞ものです。分かればビジネスで大きな成功をして巨万の富を得ることでしょう。もしくは詐欺師の最上位版になれます。

何かすごく脱線した気もしますが、詐欺にひっかかりそうな人はプラシーボ効果が絶大に聞くと思います。

・何でもすぐに信じてしまう人

・何でも試したい、好奇心旺盛な人

・情緒不安定で不安がいっぱい、心配がいっぱい、頭の中パニックな人

・判断力が足りない人(高齢者、子供、ただの馬鹿)

・注意力が足りない、細かいことに気づかない人

・お人好し

こんな人はプラシーボ効果が効きます。

侮ってはいけないプラシーボ効果

プラシーボ効果を過小評価してはいけません。

プラシーボ効果には列記とした治療効果も副作用も発現します。

そして稀に、プラシーボ効果により検査値異常が出ることもあります。

プラシーボ効果の主な要因は自己暗示です。なので痛みなどの自分自身がすごく感じる、分かりやすい症状には効いても、血液検査などの検査値には関係ないと世の中の大半の人は思っています。

私もそう思っていました。

しかし、効果のない偽薬を与えたことによって検査値異常が出ることが実験データとして分かっています。

偽薬でのプラシーボ効果の実験で血液結果に何らかの反応異常が出た人は10%以上いたこともあった事例があるそうです。

プラシーボ怖すぎますね。身体の中の状態から変わってしまっていますよ。。。

他にも薬として効力のない偽薬を痛み止めとして、痛みのある人に服用してもらうと30%の人に鎮痛効果があることが、実験によって知られています。

特に苦痛という症状はメンタルな部分に左右されやすく、苦悩やさびしいなどにより増加される要素があります。仮に薬理学的に効果のない薬だとしても、飲む側が「これによって良くなる」という信用性を持つことにより、苦痛が楽になります。

この効果が人間の中のホルモンによるものではないかという研究報告がありましたが、あまり支持している医療関係者はいないようです。

民間療法や健康食品はプラシーボ効果?

民間療法や健康食品の広告でみられる、科学的に根拠のないもので病気が治ったり、症状が軽くなったりという実例は、プラシーボ効果による可能性が多くあると思われます。

一般に、プラシーボ効果でよくなるのは30%程度と言われています。症状やメンタルの状態によっては、それ以上のパーセンテージで有効性がみられます。

混迷、プレッシャー、痛みが伴う症状、不安等でメンタルボロボロの状態だとかなり効果があるということです。

なので、民間療法や健康食品で科学的に根拠が無くても、口コミでの評判や固定観念といった、暗示効果で効果を感じる人が最低でも30%いて、その暗示効果や固定観念が強ければ、質問方法や、条件等で100%に近い形で、効果を体験したという 人がいても不思議ではありません。

つまり、民間療法や健康食品は科学的に根拠は無い場合も多いですが、かなりの高確率で意味のあるものだと言えます。

民間療法や健康食品を試さなければ、症状は改善されませんが、試してみてさえすれば最低でも30%は改善され、あなたが本当に困っているのであれば、かなりの高確率で改善するのです。

プラシーボ効果の必要性

私はプラシーボ効果をかなり求めています。プラシーボ効果大賛成の人間です。

人によってはプラシーボ効果について良い印象をもっていない人もいるかもしれません。

ですがプラシーボ効果とは、偽薬でも「これは効果がある」と思って飲むことで、効果を発揮してしまうのです。

薬に限らず、いろんな治療、健康法にも使えます。別の言い方をすると、プラシーボ効果とはメンタル療法みたいなものです。

なので、病気や何かしら治したい症状を治療、改善する上で、プラシーボ効果は非常に重要な役割を果たします。

よく「病は気から」と言いますが、多くの病気や症状はフィジカル的な要因とメンタル的な要因とが不具合を生みだします。

あなたが何かしらに不安や病気、改善したいことを持っていてそれを解消するためには、科学的根拠に伴って治療するのではなく、結果として不安をなくし病気や症状が治ることが重要なのです。

なので、プラシーボ効果の様なメンタル的なやり方も結果がでるのであれば必要です。

というか私たち一般ピーポーは治れば何でもいいのではないでしょうか。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【赤ちゃん】ミルク離れ、卒乳のタイミングは?無理に止めさせる必要は?

【混ぜるな危険】お酒とコーヒーは危険な組み合わせ?【気持ち悪い】

ブログのお供。オススメ素材サイト様はここ!!

マンションのベランダが驚きの快適スペースに!?人工芝って最高!!

テレワークの落とし穴?コンピュータウィルス対策してますか?

ブログ運営 記事の増やし方、速く書くコツについて考えてみた