高岡浩三から学ぶ。疑問を持てる力がビジネスでは大事。

元ネスレ社長の高岡浩三の名言を見て、良い経営者というのは低いレイヤのことを考えられるというのがポイントだなと感じた。

「日本人は問題解決能力を重視していますが、私はその前段階の「問題発見能力」が大事だと思っています。」

仕事が出来る人の特徴は「なぜ」をよく考えている。

問題を発見するのがうまい。

だが、仕事が出来ない人々に共通していることは問題を問題だと認識しないのである。

「分からないことが分からない」という状態である。

疑問を持てない。言われたことをそのままドスルー。

仕事の上達とは良い疑問を持つことである。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

片山右京から学ぶ。思い込みの力で成功を近づける方法。

三木肇に学ぶ。駆け引きの重要ポイント。

吉田松陰から学ぶ。続けることの重要性。

今宮健太から学ぶ。向上心の生み出し方。

森下暢仁から学ぶ。人を使うということの重要性。

伊藤美誠から学ぶ。プロセスよりも結果を求めるプロ根性。