高岡浩三から学ぶ。疑問を持てる力がビジネスでは大事。

元ネスレ社長の高岡浩三の名言を見て、良い経営者というのは低いレイヤのことを考えられるというのがポイントだなと感じた。

「日本人は問題解決能力を重視していますが、私はその前段階の「問題発見能力」が大事だと思っています。」

仕事が出来る人の特徴は「なぜ」をよく考えている。

問題を発見するのがうまい。

だが、仕事が出来ない人々に共通していることは問題を問題だと認識しないのである。

「分からないことが分からない」という状態である。

疑問を持てない。言われたことをそのままドスルー。

仕事の上達とは良い疑問を持つことである。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

片岡篤史と清原和博から学ぶ。結果を出し続けるための考え方。

森下暢仁から学ぶ。人を使うということの重要性。

山田哲人から学ぶ。センスとは地味な練習で磨かれるもの。

柳田悠岐に学ぶ。最良への道は自分の気持ちに素直になること。

野村克也から学ぶ。努力とは数えきれないぐらいの失敗をすることである。

清宮幸太郎から学ぶ。理想との正しい距離感。