【飲みやすいお酢】もろみ酢を飲み続けて感じた4つの効果【健康第一】

子供が生まれて、子育てしていると風邪はもらうわ、寝不足で体力回復しないわな状態の時にふと体調を整える、健康になるために、身体にいいものって無いだろうかとたどり着いたのがお酢でした。

お酢にも色々あって黒酢が世の中では認知度がたかいですよね。

他にもリンゴ酢、ぶどう酢、柿酢、ザクロ酢、レモン酢等の果実酢も比較的、スーパー等の店頭に並んでいます。

黒酢や果実はそのまま飲むには酸っぱすぎてキツすぎます。飲む時に水で割ったりしないといけないしめちゃくちゃ面倒なので結局飲まなくなってしまいます。

お酢は飲みたいけど面倒くさい。。。

あのツンとくる感じがキツい。。。

ツンと来ないお酢は無いものかと探したところ「もろみ酢」ってやつがありました。

お酢がツンとくるのは、酢酸という成分のせいですが、「もろみ酢」はこの酢酸を含みません。

そのため、「もろみ酢」であれば割らなくて、そのまま飲めるので手軽に続けることができます。

もろみ酢を飲み始めて、何だかんだ半年くらいが経ちましたので飲んで感じた効果を残しておきます。

ダイエット効果

別にダイエットがしたい訳ではありませんでしたが痩せました。

元々の体重が56kg。

もろみ酢を飲んでから53kg〜54kgを維持しています。

途中もろみ酢飲まない1ヶ月くらいの期間に57kgくらいまで増えてダイエットしていた訳でもないのにリバウンドみたいな体重の増え方をしてしまいました。しかし、またもろみ酢を飲み始めたら54kgになりました。

もろみ酢には痩せやすくなる効果と、体重が増えにくくなる効果がありそうです。

運動は身体を伸ばしたり、肩を回したりくらいの軽めのストレッチを毎日5〜10分程度。

通勤や買い物は電車や車なので、ほぼ歩かない生活です。

もろみ酢には代謝をあげる効果があるので、脂肪を燃焼を効率よくしてくれているのではないかと思います。

冷え性で足先が全然温まらなかったのですが、もろみ酢効果で少し改善している気がします。

代謝や血流が改善したことで、少し動くことで体を温めてくれるようですので、より効率的にエネルギーを消化してくれ、タンパク質を分解してくれるので太りにくくなるのではと思います。

濃縮 元氣もろみ酢

疲労回復

こちらの疲労回復をメインで飲み始めました。

もろみ酢にはクエン酸という疲労回復に効く成分がたっぷりと含まれています。

運動系の部活をしていたので、クエン酸=疲労回復という認識がとてもありました。運動部だった方にはクエン酸の入ったスポーツドリンクやはちみつレモン何かが馴染み深いですよね。

話はそれますが、お酢には身体を柔らかくする効果があると言われていますが迷信みたいです。

血流を良くするので、筋繊維が回復する、筋繊維が回復するから体も柔らかくなるというよくわからない連想でこの迷信が生まれたそうです。

この血流が改善するということは当然ながら疲労が取れやすくなります。血流改善し老廃物が体外に出されやすくなるという効果もあるでしょうから、健康促進にもつながります。

気持ちが落ち着く

飲み心地がさわやかなので、気分がサッパリします。

朝の弱い私は朝に飲んで、多少なりとも気分を落ち着けてから一日の活動を開始するようにしています。

お酒に強くなる(二日酔い緩和)

お酒が次の日に残りにくくなりました。

翌日にお酒が残ってしまった場合でも二日酔いの気持ち悪さがだいぶ薄くなりました。

二日酔いをする時は大抵胃腸が弱っているときなので、クエン酸効果で胃腸が整い、うまくアルコールを分解してくれているのだと思います。

まとめ

もろみ酢を飲み続けたことで、ダイエット効果、疲労回復効果、二日酔い緩和を実感しております。

また飲み口も爽やかなので気分転換にもなり心身ともに健康を考えるととても良いものだと思います。

しかし難点がひとつだけ。。。

「もろみ酢」はスーパーやドラッグストアのようないつも行くお店に売っていないことが多いです。

私の周りだと西友にしか売ってませんでした。

なので、近くのお店に売っていない場合はインターネットでポチりましょう。

 

濃縮 元氣もろみ酢
 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

鼻に綿棒入れるだけで耳管開放症の苦しみから解放された話。

【耳づまり】治らない耳管開放症〜原因は蓄膿症だったようだ。

肩こりと肩の可動域が狭いのは背中が硬いことにあった。

指がつる。足がつる。下あごがつる。知らなかった身体がつる原因。

ツライ耳づまりの原因は蓄膿症の可能性あり【耳の中バリバリ】