指がつる。足がつる。下あごがつる。知らなかった身体がつる原因。

身体がつる原因は、酸素不足だよ。

間違いない!!

実体験からほぼ間違いないと確信した。

30歳を超えてから、とても身体の至る所がつるようになった。

まずはスタンダードな手の指、足。

まぁ、ここら辺がつるのはわかる。

健康なひとでもつることはある。

でもね。

下あごつるって中々なくない。

あごだよ。顎。ago。

顎につられて首までつるからね。

首だよ。クビ。KUBI。

you’re fired.ってちげぇし。

今日も会社に向かい、働いてきたのでクビにはなっていない模様。

食べてる時や、後ろ振り返ったりとか、特にいつもと違う動きとか、アクロバティックプレイしてなくてつる。

流石におかしい。いとおかし。

これは何とかしなければってことで、ネットで検索。

何やら栄養が足りていないとか書いてる。

マグネシウム、カリウム、ナトリウム、カルシウムとかのミネラル関係が足りないらしい。

あと運動不足。

ここら辺のミネラル不足と運動不足は、もはや一般常識に近い。

ググッたらすぐに出てくる。

知ってるからそれ。

常識これ。いわゆるJK。

まぁ一般常識的に言われているので、不足しているミネラル取ってみる。

まぁあまりしっかりとは治らん。

健康に良いってことで、もろみ酢とか飲んでみる。

何だか少し良くなってるような気がする。

プラシーボ効果なような。ホントに効果あるような。

漢方ドリンク。

かなり効いてる気がする。

しかし、何故だか、ここ1ヶ月程酷さが増している。

漢方ドリンクの量増やしたりもしたけど、全然ダメ。

栄養不足じゃ無さそう。

たどり着いた答えは酸素不足だった。

身体に全体へちゃんとした血液が回っていない。

昔から極度の末端冷え症なので、そもそも血流が悪い。

呼吸が浅い。

血液が全身に回らない。

身体の末端が、冷える、老廃物が、溜まりまくる。

つる。

って感じなんだと思う。

確かに寒くなってからつる頻度が明らかに多くなってきた。

身体に酸素を入れるためには、呼吸が大事。

当たり前だけど呼吸が大事。

呼吸をするには、鼻の通りが悪いとダメ。

鼻づまりが酷い時は深呼吸しようとするとむせるという珍現象が起きる。

この現象は鼻づまり上級者しか知らないし、理解出来ない。

なので、身体に酸素を十分いれるのには鼻づまり対策が必須。

蓄膿症なので鼻呼吸が出来ていないなんて論外。

鼻に綿棒を突っ込む生活を始め、鼻づまりが格段に解消されてから、つる頻度が明らかに減った。

https://easy-seikatsu.com/kenko/b-spot

鼻に綿棒突っ込む生活をしてから、指つったのは1回だけ。

寒い部屋で細かい裁縫してつったくらい。

まぁ正常な人間ならなっても不思議ではない。

指がつる。足がつる。下あごがつる。身体がつる原因は酸素不足である。

蓄膿症の方は身体がつりやすいと思うのでご注意を。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ツライ耳づまりの原因は蓄膿症の可能性あり【耳の中バリバリ】

肩こりと肩の可動域が狭いのは背中が硬いことにあった。

【耳づまり】治らない耳管開放症〜原因は蓄膿症だったようだ。

鼻に綿棒入れるだけで耳管開放症の苦しみから解放された話。

【飲みやすいお酢】もろみ酢を飲み続けて感じた4つの効果【健康第一】