妻への感謝。家事育児を任せられるだけで幸せ。

まだまだ家事育児は女性のもの。

ママが家事育児。パパがお仕事というステレオタイプが多い日本社会。

実際に30代の私の周りでもそんな感じ。

はっきり言って家事育児は、そんなに難しい事でもない。

たぶん仕事が出来る人は、家事育児もあまり苦にもならない気がする。

しょせん、家事育児も仕事も作業でしかない。タスク管理が出来るか出来ないかである。

いかに効率よく終わらせるか、いかにうまく手を抜くか、目標設定をどうするかである。

社会のしがらみが無いのと、比較的時間の余裕を作ることが出来るので、家事育児の方がストレスはかからない。

特に最近は家電が何でもしてくれる。

全自動洗濯乾燥機、ロボット掃除機、全自動食洗機、調理器具。

また面倒な献立を考えることもネットで検索すればすぐに解決。

ブログで今日のご飯はこれ。みたいなのを毎日アップしてくれるブロガーもいたり、考えること少なめ、作業少なめ、余裕時間多めを実現することができる。

なので、家事育児は楽では無いものの、会社勤めをしてお金を稼いでくる方が大変かもしれない。

まぁ会社にいるだけで、仕事なんてあまりちゃんとしてない人もたくさんいるけど。まともに働いてるのは2~3割な印象。

まぁそれは置いておいて、会社勤めだと時間拘束をされてしまう。

これが会社勤めの大変なところ。

あと日本社会はなぜか客が偉いと思っている人が多いので、客の立場になるとキチガイ化する人がいる。

そんなキチガイ相手をすると、社会的なストレスがかかる。

なので、「俺は家族のために働いているんだ」という意見はまっとうである。

時間については間違いなく家事育児よりも使っていると思われる。

だがしかし、ひとつ忘れてはいけないのは、家事育児をママがしているからパパは仕事に没頭できるのである。

何となく稼いでくるから偉いみたいに思いがちだが、稼げる環境というのがあって初めて稼げる。

働いてるパパは偉いが、働ける環境を作ってくれるママも偉い。

つまり、パバとママがいるから今の生活は成り立っているのである。

旦那の稼ぎが悪いという妻。

専業主婦なのに家事育児が疎かだと文句を言う旦那。

まぁお互い文句はあるんだろうけど、今の生活はお互いがいるから成り立っているのである。

昼間の喫茶店で旦那の悪口を言う、マダム達にムカついたので旦那フォロー多めである。

何より夫婦はお互い尊重し合わないといけない。

喫茶店の文句ぶちまけマダムもいるんだなーと思うと、うちの奥様はよくしてくれてるなーと実感。

奥様、本日もご飯を作ってくれてありがとう。子供の面倒を見てくれてありがとう。おかげで会社に行くことが出来ました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夫婦円満・家庭円満のコツはどちらかがブッダになることである。

妻の栄養は共感。ひとりじゃないから~