布団掃除機は鼻掃除機でもある。比較して選んだものは。

布団掃除機って意味あるのって人多いと思う。

実際に布団掃除機を買って使ってみてのメリット。デメリットまとめたので参考にして欲しい。

買ったのは、アイリスオーヤマの「IC-FAC4」である。

買った時は1万5千くらいだった。

今の価格は、リンクから調べてくれ。

コスパ最強である。

困ったときのアイリスオーヤマ。

迷った時のアイリスオーヤマである。

布団掃除機との出会い

私の布団掃除機との出会いは夜に飯を食っていた時である。

夜飯までは変哲もない普通の1日だった。

まさか1日も終盤、野球で言うと優勝チームもCSチームも決まった消化試合って感じ。

まさかここから、人生を激変させることになるなんて。。。

ふとテレビを見ると、布団用掃除機について紹介していた。

鼻水が出まくる。鼻水が出過ぎて喉にまで鼻水が落ちてきてむせる。鼻水のせいで耳がおかしい。

鼻炎、蓄膿症、後鼻漏、耳管開放症という耳と鼻に諸症状を抱える私は閃いてしまった!!

「鼻水ってアレルギー反応だから、ホコリ減らしたら、鼻水の軽減されるんじゃない?」

ということでさっそく布団掃除機を調査。

商品を買う時のポリシーは3つを重視する。

  1. 課題をしっかり解決できること。
  2. 無駄な調査時間を掛けずに探すこと。
  3. 価格に満足出来るものであれば即買いである。

②の調査に時間が掛かる場合、課題が認識できておらず「何となく欲しい」時である。

そんな「何となく欲しい」なら買うのは止めておけ。

絶対に欲しいものであれば、買った時のイメージもしっかり持てるので、調査に時間をかける必要がない。

そんな買った時のイメージが持てたら即買いである。

私は即買いした。

課題と目的

今回の私の課題は「鼻と耳の不調を誘発している鼻水が垂れ流されていること」

とにかく鼻水が出続けて不快。不快だけやらまだしも耳の違和感。自閉感ってやつ。鼓膜がベコってなっておかしい。

そして鼻水による後鼻漏で喉に鼻水が落ちてきて咳こむ。

ここら辺が鼻水による実害だな。

そして、布団掃除機を買う目的は「鼻水の軽減」だ。

解決手段 

布団掃除機での鼻水解決手段は「ハウスダスト」対策だ。

アレルギー持ちの天敵。一番手のハウスダスト君である。

松井秀喜の天敵である阪神タイガースの遠山並といっても過言ではない。

そんな天敵であるハウスダストを布団掃除機は倒せるのだろうか。

使ってみての感想 :

天敵遠山を倒すべく、松井秀喜は努力した。

遠山を倒すべく仮想遠山のサウスポーで練習しまくった。

その結果、松井秀喜は遠山を攻略し、後年は3割以上の対戦成績を残している。

私もアレルギーの天敵、ハウスダストを倒すために努力した。

一週間程連続で布団から布団掃除機でホコリを吸いまくった。

結果。鼻水は多少改善した。感覚的には3割打者まではいかないかな。2割8分くらいの感じ。悪くはない。

効果を1番実感したのは、喉が痒くないということ。

鼻詰まりを極めた、鼻ヅマリストならわかると思うが、鼻が詰まるとどうしても口呼吸になる。

そうすると空気を口から吸いこむしかない。自動的にホコリも口から吸い込んでしまい喉が痒くなる。

そして喉が痒くなって喉が腫れると鼻水が悪化する。

鼻水が出続ける最悪のループ。

布団掃除機はハウスダストをやっつけ口呼吸の改善、喉の腫れによる鼻水発生を抑制。

布団掃除機による、鼻水抑制効果は即効性は無いが、継続することでかなり威力を発揮する。

毎日布団掃除機に5分くらい時間かけれるのであればオススメである。

特に花粉時期には全盛期バリーボンス並に働いてくれるだろう。

比較製品

布団掃除機を選ぶに辺り、比較した製品たち。

■ドラフト会議候補

・ダイソン V7 Mattress

吸引力最強、そして価格も最強。。。

長距離砲の高年俸外国人助っ人。

吸引力に重点を置きすぎて、布団も引っ張られて使いにくいらしい。

鈍足で単打打って次の打者でゲッツーになる高年俸外国人助っ人じゃねえか。

・レイコップ

布団掃除機の代名詞的存在。

布団掃除機の先駆者的存在。

野茂英雄って感じ?

先駆者だけあって値段も高いのから安いのまでラインナップが整っている。

野茂英雄のように三振か四球かみたいなタイプではない。

意外と普通。

持ち手が短いので、小回りはきくが掃除をするときに結構負担のかかる体勢になってしまうらしい。。。

ふとんクリーナー レイコップLITE[ライト](ホワイト)【掃除機】 RE-100JWH
RAYCOP(レイコップ)

■ドラフト外

パナソニック、シャープ、その他色々あるらしいけど微妙。

IC-FAC4を選んだ決め手

布団掃除機を面倒でかけ続けられないかもしれないので、あまり高価なものはNG。

その点アイリスオーヤマの「IC-FAC4」は使わなくなっても価格的にダメージが少ない。

それなりな知名度を誇るので、ヤフオクやメルカリで売り飛ばすことも可能。

なのでコスト面の条件はクリア。

ハードとしては、ヘッド幅が広めというのもポイントが高い。

なんせ、布団に掃除機をかけるなんて今までしていなかったタスクが増えるわけだから、少しでも楽をしたい。なので、ヘッド幅広めだとかける回数少なくて済む算段。

機能面はホコリセンサーがプラシーボ効果あって良い。

ホコリセンサーは読んで字のごとくホコリがあると反応する。

通常時は緑ライトだがホコリがあると真っ赤に光る。

プラシーボ効果は人間の反応においてかなり有用であるため「ホコリ取れたぞ!!」と視覚的にわかることは、かなり重要。

使ってみて気づいたのがホコリの入るダストボックスにホコリが溜まるのが目視出来るというのもプラシーボ効果的にポイントが高し。

ということで布団掃除機はアイリスオーヤマの「IC-FAC4」がベストチョイスであった。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。